男女厄年その他 電話占い

電話占い

男性女性の厄年早見表2014(平成26年)

  前厄 本厄 後厄

  18歳
(平成9年生まれ)
19歳
(平成8年生まれ)
20歳
(平成7年生まれ)

32歳
(昭和58年生まれ)
33歳
(昭和57年生まれ)
34歳
(昭和56年生まれ)

36歳
(昭和54年生まれ)
37歳
(昭和53年生まれ)
38歳
(昭和52年生まれ)

60歳
(昭和30年生まれ)
61歳
(昭和29年生まれ)
62歳
(昭和28年生まれ)

  24歳
(平成3年生まれ)
25歳
(平成2年生まれ)
26歳
(平成元年生まれ)

41歳
(昭和49年生まれ)
42歳
(昭和48年生まれ)
43歳
(昭和47年生まれ)

60歳
(昭和30年生まれ)
61歳
(昭和29年生まれ)
62歳
(昭和28年生まれ)

厄年とは

厄年とは災難が訪れやすい期間のことです。人間の身体のサイクル上、ちょうどこの年齢のときに病気にかかることが多く、男性は生活習慣病、女性は婦人科系の病気にかかりやすいと言われています。

また現代社会においては、離婚や経済面でのトラブルなど、人生においてのあらゆる困難や災難、不幸が露骨にでやすい年齢であるとも言われています。

男性は42歳が大厄です。昔は医学が進歩していなかったために、42歳で亡くなる男性が多かったことからきています。また、42(死に)として語呂の縁起が悪いことも言い伝えられています。女性は33歳が大厄で、33(散々)な目に合う、お金が(散散)する、という意味があります。昔から女性はこの年齢に大きな病気をしたり、離婚や縁談の破断など精神的にも安定しなくなる傾向があります。

老厄は男女共通で還暦を一つの節目として最後の厄祓いとする風習がありますが地域などによってないところもあります。

厄年の期間はいつからいつまで?

昔は立春(2月4日)から翌年の節分(2月3日)までの1年間とされていました。これは九星気学の考えに基づいています。現代社会においては1月1日から12月31日までの1年間としている神社も多いです。

厄年は数え年で考える

厄年の数え方は、数え歳でおこないます。 数え年とは、生まれた瞬間を1歳とカウントし、次の誕生日を迎えるたびに自分の年齢に1歳プラスして考える方法です。

厄年にやってはいけないこと

厄年の期間は、転職、結婚、転居、新築など、人生の生活リズムが大きく変わる行事は避けた方がよいでしょう。とくに男性の転職、女性の結婚や出産などは避けた方がよいです。厄年は身体のリズムが大きく崩れやすい時期とされているので、環境や生活リズムを大きく変えてしまうと心身ともにバランスが崩れ、通常よりも悪い結果になってしまうことが多くなります。


リンク:よく当たる無料占いサイト「恋愛と人間関係」

電話占い 更新情報・お知らせ

2015/06/10
占い師の募集
2015/07/00
ホームページ更新
2015/08/00
ホームページ更新
2015/09/00
ホームページ更新
2015/10/00
ホームページ更新
2015/10/00
電話占い 庵心↓検索
・・・

縁結びのパワースポット-東京大神宮

電話占い 庵心 ご利用法